FXの基礎 初心者でもできるリスク管理

FXの基本
スポンサーリンク

今回はFXトレードを行う上での、初心者でもできるリスク管理について考えてみたいと思います。

 

FXにどうゆうリスクがあるのかについては、過去の記事で書きました。

FXの基礎 トレードにおけるリスク管理と資金管理

 

 

FXをやるうえでは、どうしてもリスクが避けられません。

そのリスクをどうやったら回避することができるのか?

そのあたりを考えてみたいと思います。

 

適切なレバレッジで取引を

レバレッジは持っているお金以上の金額のトレードができて、多くの金額を稼ぐことができるありがたいシステムです。

でも一気に稼げるということは、一気に損をするということでもあります。

 

レバレッジを高くしすぎて、大損をこいたというトレーダーは世の中にたくさんいるでしょう。

 

逆に言えば、レバレッジの設定の基準をしっかりと自分の中で作り、無理のない範囲で取引を行うことが、リスクを防ぐ近道です。

 

FXの計算ツールなどもネットにあるので、勉強してください。

 

FX計算ツール

 

逆指値注文を活用する

トレードの最中に損失が出ている場合、見切りをつけて決済することを「損切り」といいます。

 

この損切りラインをあらかじめ決めておいて、自動で決済するように注文することを「逆指値注文」と言います。(Stop-loss order)

 

FXで逆指値注文をしておくことで、万が一のシステムトラブルにも対応できる可能性が高まります。

 

また、あらかじめ逆指値注文で損切りラインを決めておくことで、「損は出ているけれど、もう少し様子を見よう」として、損が拡大するのを防ぐことができます。

 

この逆指値注文の値も、自分の中でルールを決めておいたほうがいいと思います。

 

安心できる業者を利用する

初心者の方は、どのような業者を使っても問題ないと考えているかもしれません。

 

しかし、社長が資金を持ち逃げするような会社もあります。

金融庁の認可を受けていない業者もあります。

 

 

なので業者選びは大切です。

 

僕の一押しはやはり、海外のXMです。

 

・なにせ資金力が豊富で安心できます

・利用者も多いです

・評判もいい

・出金トラブルも少ない

・レバレッジが最大888倍

スポンサーリンク

・取引ボーナスが大きい

 

など、メリットがたくさんあります。

 

業者選びで迷っている人は、まずXMで間違いないでしょう。

 

ロスカットの基準が低い海外FX業者を利用する

ロスカットのリスクは、海外のFX業者を選ぶことで回避できます。

 

国内業者との差は、レバレッジの違い。

 

国内は25倍までと決まっていますが、海外は最大3000倍なんて業者もあります。

 

 

国内と海外で1000万円の取引をする場合を考えてみます。

 

・国内FX業者A:レバレッジ:最大25倍、ロスカットライン:必要証拠金の30%

 

・海外FX業者B:レバレッジ:最大500倍、ロスカットライン:必要証拠金の50%

 

 

必要証拠金は口座に入れておかなければいけない金額です。

 

 

すると以下のようになります。

 

上記を見てわかるように、国内業者が、口座内の金額が12万円になるまで取引できないのに対し、

海外業者は1万円になるまで取引を続けることができます。

 

 

 

しかも国内は最初に40万円必要。

海外業者は2万円でいいのです。

 

 

このように、ロスカットのリスクは、海外FX業者を使うことによって、大幅に回避することができます。

 

取引量の多い通貨ペアでトレードを

FXの初心者の人は、日本円、ユーロ、米ドルなどの取引量の多い通貨で、トレードをするのがいいでしょう。

 

取引量の多い通貨は、為替の変動が緩やかなので、大きな損失が出る理数を下げることができます。

 

流動性が大きい通貨で取引するほうが、利益が取れるので好きだという方は、無理に円、ユーロ、ドルを勧めません。

 

でも初心者の方には難しいので、やはり流動性の少ない通貨をおすすめします。

 

まとめ

ここまで、FXのトレードにおいてリスクを回避できる方法を考えてきましたが、みなさんはどう感じたでしょうか?

 

投資には必ずリスクがつきものです。

 

リスクはうまくコントロールすることができます。

 

今回は基本的な対策を例にあげました。

 

みなさんも常に勉強を忘れずに、トレーディングを楽しんでください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました