FXトレード、おすすめの業者は日本より、海外

FXの基本
スポンサーリンク

僕がFXトレードを行う際は、海外のXMという会社を使っています。

 

海外FXでやったほうが絶対にいいです。

 

FX業者を選ぶときは、たくさんありすぎて、まずどれからはじめていいかわからないでしょう。

 

 

でもまず始めるならXMで問題ないと思います。

 

海外口座には、日本にはない、様々なメリットがあります。

 

高レバレッジで取引が可能

国内会社と海外の会社でまず大きく違うのは、レバレッジです。

 

国内は最大レバレッジ25倍までと決まっていますが、海外については規制がありません

 

 

レバレッジが高くなるとそれだけリスクがあります。

でも、高いレバレッジで取引ができるということは、必要な証拠金がすくなくてすむということです。

 

100万円の取引を行う場合、レバレッジ25倍の国内FX口座では4万円が必要です。

しかし、レバレッジ1000倍の海外FX口座では1000円でトレードを行うことができます。

 

 

また、必要証拠金が少ないということは同じ金額が口座にある場合

 

必要証拠金維持率が海外FX口座の方が高くなり、安心して取引ができやすいという側面があります。

 

国内FX口座の場合は1.2万円になると強制的にロスカットになってしまいます。

しかし、海外FX口座の場合は500円になるまで自由に取引をすることができます。

 

 

つまり、海外FX口座の方が国内FX口座に比べて柔軟な取引を行うことが可能ということになります。

 

ゼロカットで安心取引

FXでは、相場の急激な変化により、本来ロスカットされるはずのレートではなく、ロスカットのラインを超えた段階で決済されることがあります。

 

 

この時恐ろしいのが、国内FX口座では、追証(おいしょう)という追加料金の振り込みが必要となってしまいます。

 

しかし、海外にはゼロカットというシステムがあります。

 

ゼロカットとは、残高がマイナスになってしまっても、業者が負担をして、トレーダーがゼロ以上の損失を出さないようにする仕組みです。

 

 

なので、海外では、口座のお金がゼロになってしまうことはありますが、借金になることはありません。

 

おすすめ海外FX口座TOP3

 

1位 XM(エックスエム)

XMはヨーロッパのキプロスに拠点を置き、資本金3.6億ドルで世界一のFX業者と言われています。
世界一というだけあってそのサービスや安全性もしっかいりしています。

 

XMの特徴は

◎高いレバレッジ
◎多くのボーナス
◎Mac対応のMT4を提供している。

 

というところでしょう。

 

XMのレバレッジは最高888倍と海外の中でも高めです。

スポンサーリンク

 

そして、XMはなんといっても、各種ボーナスがものすごいことになっています。

 

 

 

いきなり3000円のボーナスもすごいんですが。

 

 

入金ボーナスが大きい。
そして、取引を続けている間にたまっていく、ロイヤリティボーナスもすごいんです。

 

 

僕はXMが世界一であること。

そして、このボーナスの多さで、FX取引にXMを使っています。

 

 

2位AXIORY(アキシオリー)

AXIORYはIFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)に許認可を受けており、とても透明性の高い海外FX口座です。

 

まず、AXIORY最大の特徴は世界最狭水準のスプレッドです。

 

海外口座は日本口座に比べて、スプレッドが高い傾向があります。

しかし、AXIORYは国内FX口座と同じくらいの、スプレッドの狭さを誇っています。

 

さらに、信託保全によってトレーダーの全資金が保護されておりとても安心してFXに取り組むことのできる海外FX口座です。

 

3位 TitanFX(タイタンFX)

TitanFXはボーナスやキャンペーンを一切行わない代わりに信頼性の高い運営を行っている海外FX口座です。

 

まず、TitanFXは上で紹介したAXIORYと同様に信託保全によりトレーダーの全資産が保護されているとても安全な海外FX口座です。

 

そしてスプレッドの狭さ。

 

TitanFXのブレード口座のスプレッドが平均0.2pipsと今回紹介している海外FX口座の中で最も狭いです。

 

安全性と、スプレッドにこだわる人にはお勧めです。

しかし、ボーナスがないのはちょっとさみしい(笑)

 

海外FX口座に関するまとめ

 

海外口座の特徴とメリットを見てきました。

 

  • 高いレバレッジ
  • ゼロカットがある
  • ボーナスが豪華

 

これだけで、もう海外口座でやるしかないと思います。

 

 

それから、業者選びはとても大切ですので、しっかりと比較して吟味してください。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました