マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン” インフォトップ商品 分析

スポンサーリンク

今回は奥村尚さんのマーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”というインフォトップ商品がバカ売れしていたので、分析してみました。

 

「奥村さんは、何とか証券のエコノミストで、こういったシステム開発にかかわり、トレーダーとしてもプロと活躍しています」

 

もうそういった過去の経歴が書いてある部分は、本当に信頼できないし、読み飛ばしましょう(笑)

 

 

しかし奥村さんは
「年間勝率90パーセント以上」とか
「1か月に5000PIPS達成」とか
「生徒さんが月収200万までいった」

とかいうのを、全部嘘だと否定することから始めます。

 

例えば、ある商品に記載されていた数字をそのまま実現したとしたら、

どうなるか計算してみると非常に面白い結果が出ます。

 

その商品にかかれている実績をそのまま再現すると、

販売者とその教え子が1ヶ月50万円の資金でトレードを行うと…

 

たった数十人で世界中のお金を独占することになるのです(笑)

 

確かにその通りですね(笑)

 

こういったお決まりのパターンの嘘が、商品に記載されているものがFX商品に限らず、大半ですね。

 

よく人を騙してまで少額の商品を売りつけようとするなあ。

しかも犯罪じゃないのか?(笑)と思ってしまいます。

 

 

奥村さんはFXでも株でも、安く買って、高く買うというのが基本。

そして、プロの機関投資家でも、個人でも、チャート分析とファンダメンタルズ分析はしているといいます。

 

じゃあ個人と、機関投資家の違いはなにか。

それは情報量だと。

 

プロの機関投資家として金融情報を提供する立場になって分かったことですが、

一般のトレーダー向け(個人向け)の情報は明らかに不足しています。

 

プロの機関投資家は、世界各国の様々な情報を知ることができます。

 

中にはお金を払ってまで取得しているような情報もありますし、

機関投資家でないと知ることができないような情報もあります。

 

「質」「量」ともにプロの機関投資家の方が圧倒的に勝っています。

 

確かに私も機会があって、証券会社の内部を見る機会があったのですが、

 

トレーダー部門。情報分析部門。海外情報取得部門。

 

そういう部署に分かれていて、それぞれに大量の人がいるんですね。

これじゃあ、個人で勝てる人は少なくなるわなあと思った経験があります。

 

 

奥村さんは質の高い大量の情報を
プロの機関投資家として日々AIを駆使しながらマーケット分析を行っているそうです。

スポンサーリンク

AIが本当に実装されているなら、人の手は加えないほうがいいと思うんですがね(笑)

 

※トワイライトゾーンのイメージ図※

 

しかしトレード画面はご覧の通り。

質の高い情報はどこに?(笑)
AIはどこに?(笑)

 

 

※トワイライトゾーンのドル円15分足※

 

このように“トワイライトゾーン”を突き抜けたタイミングで

その突き抜けた方向に順張りのエントリーを行うというのが今回の手法です。

 

 

いかがでしょうか?

 

めちゃくちゃシンプルで簡単ではないでしょうか。

 

そりゃあ、取引方法はシンプルですよ。

 

でも肝心のトワイライトゾーンに

・質の高い情報
・AI
が全く入っていない。

 

いいのかな?こんなので。

しかも売れているんですよね…

 

 

※トワイライトゾーンとボリンジャーの比較※

 

ボリンジャーバンドと比較すると、以下の特徴があります。

 

①価格急落・急騰時に 順張りのシグナルがわかりやすい ②シグナルの頻度が多い

 

 

①についてですが、ボリンジャーバンドは価格の変動に応じて、

バンド自体も上下に移動するため、価格急騰・急落時にバンドも上下します。

 

そのため、エントリーポイントが非常に見にくくなってしまっています。

 

一方の“トワイライトゾーン”は平行線のため、

その平行線のブレイクポイントが非常に見やすいというのが特徴の1つです。

 

ちょっとここにきて、「うおーっ」となりましたね(笑)

 

奥村さんは金融工学を駆使してこのシステムを作ったそう。

相場の急落や急騰を読めるのかもしれませんね。

 

素人が金融工学を一から勉強しようとしたら、とんでもない時間がかかるし、数学の基礎知識が絶対ですからね。

 

マーケットの魔術師 奥村尚の “トワイライトゾーン”

価格は¥43,780

ぎりぎりのラインといったところでしょうか。

 

しかし、相場の急騰と急落に、ツールが絶妙に反応していましたからね。

導入してみたら面白いかもしれません。

僕の評価は78点です。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました