FXで簡単に利益を出すシンプルな手法

FXの基本
スポンサーリンク

FXって一見難しそうに感じるんですが、冷静に考えてみると、いたってシンプルなんですよね。

 

簡単に利益を出す、いたってシンプルな手法を考えてみたいと思います。

世の中にはいろいろな手法がありますが、考えれば考えるほどこんがらがってきます。

でも、FXで利益をあげている人って、本当にシンプルなルールで取引してるんですよね。

今回はシンプルで、利益を取りやすい方法を考えてみます。

 

頭にいれておきたいシンプル手法

まず利益を出すために考える基本的なルールは「トレンド相場に、順張りで入る」ということです。

為替相場には大きく分けて3つのトレンドがあります。

・上昇トレンド
・下降トレンド
・レンジ相場

この3パターンの相場に対して、色々な人が手法を使って挑戦しているわけです。

とにかく、トレンドに対して順張りでポジションをとるということが大切になってきます。

 

おすすめFX業者のXM。口座開設については下記記事を参照ください。

FXおすすめ業者 XM口座の開設方法
今回は僕のおすすめの海外業者、XM口座の開設方法について考えてみたいと思います。 最初は難しいと思いますが、案内に従って進めていけば、簡単です。 XM口座を開設するためにまずは、XMリアル口座開設ページに移動しましょう。...

 

 

 

具体的なやり方

まずはトレンドがどちらに向いているのかを確認することです。

・移動平均線を使ってトレンド方向を確認する
・MACDのゴールデンクロスとデッドクロスでトレンドを確認
・ボリンジャーバンドの開き具合で、レンジ相場を回避する

具体的に移動平均線でのトレンドの探し方の基本を見てみましょう。

 

FXのシンプル手法!ゴールデンクロスとデッドクロスに関して

長いラインを短いラインが上に抜ければゴールデンクロスで上昇トレンドになると予測でき、買いサインです。

スポンサーリンク

反対に、下に抜ければデッドクロスと言われ下降トレンドの開始合図と認識されるので、売りサインとなります。

長期のラインを短期のラインがクロスして抜いた段階で、トレンドが発生する兆候、またはトレンドが発生しているサインです。

その流れにうまく乗って、無理のない範囲で利益を確保していく。

もちろん、損が出た場合は、損切をするのも忘れないでください。

その次にボリンジャーバンドでレンジかトレンドかを、さらに見極めます。

 

ボリンジャーバンドとは | FX初心者のためのセロリのFXブログ

基本的にボリンジャーバンドの開きが狭いところはレンジ相場と判断してエントリーしないようにしましょう。

図でいうと、①のあたりで2σにぶつかって、トレンドが始まっています。

②のあたりで2σにぶつかってトレンドが始まっています。

トレンドかどうかを見極めるためには、ボリンジャーバンドが広がっていく状態を見ればいいでしょう。

先ほどの移動平均線と合わせて、考えていけば、あとはトレンドに乗っていくだけです。

複数の時間足で動きを確認し、ただその流れに乗っていく。

それだけで、勝率がかなり上がりますし、プロトレーダーの手法の基礎でもあります。

あとは、トレンドの開始時、伸び時、終了時。

どこに乗るかの問題です。

一番いいのは、トレンドの途中から入って、終わる前に降りるということです。

そのためには、あまり多くの利益を狙わずに、コツコツと利益を積み重ねていくのがいいでしょう。

まずはデモ口座を開いて、練習するのもアリだと思います。

FXはトレーニングすればするほど、稼げるようになります。

年収1億以上の人の、半分近くがFX,株などの投資で利益を得ているのが現代です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました