FXのトレードの基礎知識 DMIで勝つ

FXの基本
スポンサーリンク

DMIというオシレーターを聴いたことがあるでしょうか。

世の中にはたくさんのオシレーターがあって、選ぶのが大変ですよね。

 

しかし、このDMIというのは、なかなか使えるオシレーターです。

 

皆さんのFXの取引の助けになること間違いないでしょう。

 

このオシレーターは、トレンドの強さがわかるために、順張りの際に用いられることが多いです。

DMIはプラスDI・マイナスDI・ADXという3つのラインででいています。

ラインの細かい解説は抜きにして、3本のラインをどうやって使っていけばいいのかを考えていきます。

 

プラスDI・マイナスDI・ADXという3つのラインの働き

 

3本のラインにはそれぞれ意味があります。下の図を見てもらえるとわかりやすいと思います。

 

トレンド転換、勢いを予想するのに適した指標 DMIとは? | ぼくらのFX -ホントの最初から教えるFX初心者サイト-

プラスDIは「上昇トレンドを表す指数」です。

そして、マイナスDIは「マイナストレンドを表す指数」。

最後のADXは「トレンドの強さを表す指数」です。

ADXでまずトレンドがどれくらい強いのかを確認します。

そしてプラスDIとマイナスDIは、どちらの勢いが優勢かというのを表しています。

図の左の局面を見てもらえればわかるのですが、DIマイナスがかなり上がっています。

そしてプラスはかなり下がっています。つまり、売りの勢いが強いということでう。

しかも緑のラインのADXを右肩上がりですから、トレンドが発生しているということがわかります。

マイナスの勢いがあって、プラスの勢いがない。そこにADXのライン、トレンドの勢いが上がってきている。

これはもう、売りトレンドの発生なので、売り目線でトレンドにのっかっていくということになります。

 

DMIの利用方法と見方

トレンド転換、勢いを予想するのに適した指標 DMIとは? | ぼくらのFX -ホントの最初から教えるFX初心者サイト-

スポンサーリンク

DMIの見方のコツは、まずDIプラスとDIマイナスに注目するやり方です。

・買いのタイミング
下降するマイナスDIをプラスDIが下から上抜いた場合(ゴールデンクロス)

 

図でいうと、一番右のところになります。プラスの線がマイナスをクロスして抜いています。

ここがDMIを利用した、ラインクロスの買い目線になります。

 

・売りのタイミング

売りシグナルは下降するプラスDIをマイナスDIが下から上に抜いた場合(ゴールデンクロス)

図でいうとちょうど真ん中の局面になります。

 

マイナスラインがプラスラインを抜いていくところ。

 

DMIは非常に信頼性が高いのですが、だましがあるのは他のオシレーターと同じです。

 

そういう場合はどうやって精度をたかめるか。

 

同時にADXの状態もチェックすればいいのです。

ADXはトレンドの強さを表す線。

このADXのラインが横向きである、あるいは下降している状態から上向きへと転換したタイミング。

これが売買のタイミングになります。

 

DIプラスとDIマイナスのクロス。そしてADXの傾き。

これらに注意して、トレードチャンスをつかんでみてください。

 

3本のラインが密集しているところは、相場の転換点になりやすいところです。

 

転換の初動をつかんで、手法を確立してください。

 

図の真ん中。マイナス線がプラス線を抜いて、これから下降に向かうという予想をします。

 

しかし、よくみるとADXが下向きなんです。

 

これが横向き、あるいは上昇していくなら売りをいれていいのですが、だましの可能性がある局面でした。

 

しかし、右側のプラスラインが、マイナスラインを抜けるパターン。

 

これから上昇していくと予想されます。

 

その時に、ADX(トレンドの強さをはかるライン)がちょうど上向きになっているんです。

 

その後相場は買い方向に上昇していっています。

 

ADXのラインも同時に見ていたので、買いのサインとしてかなり有効な局面でした。

 

その後、価格は上昇していっています。これは成功のパターンです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました