FXの基礎 勝つためのテクニカル手法 DMI

FXの基本
スポンサーリンク

今回はFXで勝つために知っておいて損はない手法、DMIを使った手法を取り上げたいと思います。

 

DMIは「だまし」を防ぐ目的で使われ、日本では「方向性指数」と呼ばれています。

 

トレンドがどれくらい強いのかを見極めるためによく使われます。

 

DMIはプラスDI・マイナスDI・ADXという3つのラインによって構成されます。

 

それぞれのラインを覚える必要はありません。活用方法さえ知っておけばいいものです。

 

RSIという単純な売られすぎ、買われすぎのオシレーターだけでは見抜けない、「だまし」を回避する意味でも、

DMIは味方になってくれるでしょう。

 

DMIの3本のラインとは

3本のラインには意味があります。

 

プラスDIは「上昇トレンドを表す指数」。マイナスDIは「マイナストレンドを表す指数」。

 

トレンドがどちらの方向に向いているのかが一目瞭然です。

 

ADXは「トレンドの強さを表す指数」です。

 

 

画像の真ん中あたりをみてもらえばわかりますが、

-DIが上がってきていて、トレンドの強さをあらわすADXが上がってきていると、

価格は下がっています。

スポンサーリンク

 

 

-DIが上がってきているのはなぜかというと、売りの力が強くなってきているからです。

そして、トレンドの強さを表すADXと組み合わせると、方向のある程度の予測がつきます。

 

DMIの使い方のコツ

DMIのベーシックな活用方法は、プラスDIとマイナスDIを使う方法です。

 

買う時の目安としては、下降するマイナスDIをプラスDIが下から上抜いた場合(ゴールデンクロス)。

プラスがマイナスを抜いたというイメージです。

 

逆に売りのサインとしては、下降するプラスDIをマイナスDIが下から上に抜いた場合(ゴールデンクロス)です。

マイナスがプラスを抜いたというイメージです。

 

これでは単純すぎますので、同時にADXも見ます。

 

 

ADXのラインが横向きに動いている、または下降している状態から、

上向きに変わった時がエントリーのタイミングです。

 

トレンドが強くなってくるという予測が立ちます。

 

 

DMIは非常に便利なラインです。

これと併せて、MACDやストキャスティクスなどをつかうと、エントリーポイントがかなり絞れてくると思います。

 

・MACDの記事

FXの基礎 テクニカル手法 MACD
今回はテクニカル分析の代表格、MACDについて考えてみたいと思います。 MACDはテクニカル分析の中でも特に人気の高い手法です。 相場の過熱感を測るオシレーター系の側面も持っています。 それでいて方向性を掴むトレンド系の両方の...

 

・ストキャスティクスの記事

http://osusumefukugyou.soccermaniaclub.com/?p=1915

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました