FXの基礎 テクニカル手法 ストキャスティクス

FXの基本
スポンサーリンク

今回はFXの基礎中の基礎、テクニカル手法 ストキャスティクスを考えてみたいと思います。

相場の「過熱感」をわかりやすく表示してくれる

 

ストキャスティクスは過去の高値と安値を利用し、買われすぎや売られすぎを表示してくれるインジケーター、指標です。

 

ストキャスティクスの考え方は、ある一定期間の最高値と最安値から

現在がどのような位置にあるかを表示してくれるものになります。

 

0%に近いほど売られ過ぎ

100%に近ければ買われすぎ

 

一般的には20パーセントを下回ったら売られすぎに入っています。

80パーセントを超えたら買われすぎ圏内です。

 

ストキャスティクスは、相場のことを難しく考えなくても、今売られすぎか、買われすぎ~が一目でわかるので、

非常に便利です。

ストキャスティクスの内容

 

ストキャスティクスは①%K、②%D、③Slow%D

の3つの考え方から成り立っています。

 

一つ目の%Kは現在の値が過去n日間のレンジの中で、
どの程度の水準にあるのかを示しています。

 

数字に弱いひとは、この時点でこんがらがっているでしょう。ぼくもこんがらがっています。

 

 

%Kの値は今の値とざっくりと感じていればいいと思います。

 

 

2つ目の%Dは%Kを任意の期間で平均したもの。

 

現在値がどんどん変わっていく中で、ある期間の平均値を表しているとざっくりとかんがえていいと思います。

 

なので、D平均よりK現在が上にあったら、買われすぎとざっくりと判断することができます。

 

図で言うと、赤ラインが平均D。

 

青ラインが現在Kです。

 

 

最後にSlow%Dは、%Dの移動平均線。

なのでDよりもさらになめらかに動きます。

 

計算方法は以下の通り。僕は全くわかりません。

●%K={(C-L9)/(H9-L9)}*100%

●%D=(H3/L3)*100%
H3=(C-L9)の3日間合計
L3=(H9-L9)の3日間合計

●Slow%D=%Dの3日間の単純移動平均
※C=当日終値
Hn=過去n日間の最高値
Ln=過去n日間の最安値

 

ストキャスティクスを使ったトレード方法

ストキャスティクスの使い方は買われすぎ、売られすぎの水準判断の他に

スポンサーリンク

 

ラインクロスが多く使われます。

 

「ファースト・ストキャスティクス」と呼ばれる方法と「スロー・ストキャスティクス」と呼ばれる方法の二種類があるそうです。

 

僕は「スロー・ストキャスティクス」という方法を知りませんでした。

 

これは、問題だったかも…。

 

ファーストの方はは%Kと%Dを使い、

%Kが%Dを下から上に抜いたタイミングを買いシグナル、逆に%Kが%Dを上から下に抜いた時を売りシグナルと判断します。

 

 

図で言うと、赤い「買」の部分ですね。

D平均をK現在がクロスして抜いています。

 

逆が売りパターンです。

 

ファーストストキャスティックスは、相場の動きに素早く反応するため、短期売買向きだそうです。

その分だましも多く発生するみたい。

 

これは知りませんでした。

 

スキャルピングなど短期取引する場合は、D現在が敏感に反応するので使えるかもしれませんが、だましが多い。

 

そこで、スローストキャスティクスの出番です。

 

単純に現在Kのラインと平均Dを、「Slow%K」と「Slow%D」の2本のラインに置き換えるだけ。

 

先ほどのラインクロスと、売られすぎ、買われすぎをダブルで考えると売買タイミングをとらえることができます。

 

買いサイン

「Slow%D」が0~20%にある時は、売られすぎゾーンと見て「買いサイン」と判断。
また、0~20%で「Slow%K」ラインが「Slow%D」を下から上に抜ける(ゴールデンクロス)で強い買いシグナルと見ます。

売りサイン

「Slow%D」が80~100%にある時は、買われすぎゾーンと見て「売りサイン」と判断する。また、80~100%で「Slow%K」ラインが「Slow%D」を上から下に抜ける(デッドクロス)で強い売りシグナルと見ます。

 

僕のまわりのトレーダーは、ストキャスティクスを使っている人がかなりいます。

 

 

この手法が単純でわかりやすい。

 

・例えば5分足、15分足、1時間足など複数の時間を見て、ストキャスティクスの位置と、ラインクロスの可能性を見る。

→短期的、中期的、長期的目線で、現在が平均を割ったらエントリーチャンス。

 

 

これだけでもかなりトレードがしやすくなると思います。

 

MT4にストキャスティクスのインジケーターはありますが、それがスローストキャスティクスなのか、十分に確認してください。

 

 

今回はストキャスティクスの概要と、トレードタイミングについて考えてみましたが、

慣れてくると非常にわかりやすい部類に入ると思います。

 

 

他の手法と組み合わせるとさらに確率が高まるでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました