FXの基礎 テクニカル分析 ボリンジャーバンド

FXの基本
スポンサーリンク

テクニカル分析手法の一つであるボリンジャーバンド。

統計学における「正規分布」の概念を骨格として組み立てられたそうです。

 

相場の状況を視覚的に見ることができる指標として、現在もメジャーなものです。

 

ボリンジャーバンドは移動平均線を中心として上下3本ずつ、合計7本の線で表現されます。

 

移動平均線の1本上の線は「第1標準偏差」プラス1σ(シグマ)と呼ばれます。

また逆に移動平均線の一本下の線はマイナス1σと呼ばれています。

 

相場がこの1σのラインにタッチしない確率は約68%であり、二本目のプラス(マイナス)2σにタッチしない確率は約95%。

 

そして一番外側のプラス(マイナス)3σに触れない確率は99%になります。

 

上下6本のラインによって、現在の相場がどれくらい加熱しているのか。

または下落しているのかを視覚的に見ることができる非常に有効なラインです。

 

 

ボリンジャーバンドの売買シグナル

ボリンジャーバンドを売買シグナルとしてどのように使えばいいのでしょうか。

ボリンジャーバンドは基本的に逆張りのラインです。

2本目、2シグマにレートが達するのは約5パーセントの確率です。

 

つまり、2シグマまでいけば、それ以上の上昇(下降)は起きにくいと考えることができます。

 

そこで、2シグマにレートが達した時に、逆張りポジションをしかけるのが、ボリンジャーバンドの戦略です。

 

1シグマのラインで跳ね返る確率も70パーセント近くありますが、1シグマは超える可能性がありますし、

ボリンジャーバンドは狭まったり広がったりするので、1シグマでの逆張りは気を付けたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

 

バンドの幅

ボリンジャーバンドはバンドの幅、広がり方、狭まり方も重要です。

 

バンド幅が狭い場合は、相場に動きがないことを示しています。レンジ相場でよく現れます。

 

逆に広い時は相場の変動が激しいことがわかります。

 

また、狭かったバンド幅が拡大し始めたとき、広かったものが狭くなる時は、相場の転換点であることが多いです。

 

特に注意するのは、ボリンジャーバンドの幅が拡大していって、2シグマを超えるようなとき。

 

この時は相場の動きが激しいので、逆張りは見送ったほうがいいでしょう。

 

順張りか逆張りかの見極め

ボリンジャーバンドの戦略は基本逆張りですが、例外として、順張りの指標としても使われることがあります。

 

5分足では2シグマに触れているが、15分で見たら、まだ2シグマまで距離がある

 

1時間で見たら2シグマに向かっているが、日足で見たら、2シグマまで距離がある。

 

 

そういった場合はボリンジャーバンドの逆張りを慎重に行い、大きい足でまだトレンドが続きそうかを確認する必要があります。

単体で使うのではなく組み合わせて

ボリンジャーバンドは非常に重要なテクニカル分析方法ですが、ボリンジャーバンドだけ使った場合、「だまし」にあう可能性があります。

 

また順張りからの逆張りの切り替えが初心者には難しいでしょう。

 

そういった場合は、ほかのテクニカル手法(MACD、ストキャスティクス)などと組み合わせて利用するといいでしょう。

 

テクニカル手法は非常に便利ですが、どれにも長所と短所があります。

それを補うためには、弱点を補うテクニカル手法を組み合わせて相性の良いものを見つけていくことが大切です。

 

まずはボリンジャーバンドの特徴を知っておくことことが第一歩です。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました